複数のペットを飼っていてもペット火葬や供養はできる

供養方法によってペット火葬の方法は変わる

複数のペットを飼っていると、1匹ずつお墓を作ってあげたいけれど現実的に難しいというケースがあります。こうした場合でも、ペット火葬業者に相談することで複数のペットを飼われている方に最適の方法を教えてもらえます。

ペット火葬の方法

ペット火葬をするとき1匹だけではなく他のペットたちと一緒に行なう方法はありますか?
ペット火葬では「合同火葬」という方法があります。合同火葬というのは、自分達だけではなく、他の家庭で飼われていたペットと一緒に火葬をして供養を行なうといったものです。一緒に火葬してしまうため返骨は基本的にできないのですが、骨壷は慰霊碑へと合祀されます。複数のペットを飼っていてお墓を作るのが難しい、費用をなるべく抑えたいという方におすすめの方法です。
個別でペット火葬する方法を教えてください。
個別でペット火葬を行ないたい場合は、個別火葬を選択すると良いでしょう。個別火葬とは、その名の通りご家族のペットだけを火葬しお別れをする方法です。生前好きだった物なども一緒に火葬することができ、返骨も行なわれます。ただ、埋葬に関しては火葬業者が取り扱っていない場合が多く、その業者が提携しているペット霊園か、もしくは自分で調べた霊園で行なわなくてはなりません。

供養方法から火葬方法を考える

ペットの火葬方法は、どう供養してあげるのかということから決めていくと、火葬方法も決めやすくなります。

合同供養塔
合同供養塔とは、他の家庭で飼われていたペットも一緒に遺骨が埋葬されているお墓で、普通のお墓よりも大きなお墓が建てられている場合があります。基本的にいつでもお線香をあげに行ったりお花を手向けたりすることができ、しかも費用は個別墓地よりもとても格安で済みます。ペットが一人で寂しくないようにと、合同供養塔を選ばれる方も少なくありません。
個別墓地
個別墓地とは、人間のお墓とほとんど同じで個別の墓地スペースと墓石を用意することで建てられます。費用は合同供養墓などと比べると高くなりますが、その分墓石に名前を刻めることや、好きだったエサや遊び道具などをお供えとして持っていくことができます。大切なペットの墓石を建ててあげたいという場合には、個別墓地を選ぶと良いでしょう。
納骨堂
納骨堂とは、ペット霊園に多く備わっている施設で、期限付きで遺骨を預かってくれる場所です。すぐにお墓を建てられないなど、様々な事情を抱えている方におすすめです。定期的に読経もしてくれたり、位牌供養や塔婆供養を行なったりしている場合もあります。また、納骨堂の遺骨を預かる場所も、個室や棚、コインロッカーなど、様々なタイプがあります。

合同火葬なら寂しくない

供養方法を合同供養塔に選んだ場合、合同火葬と個別火葬の2種類どちらからでも選ぶことは可能です。合同火葬であれば、他の動物達と一緒に旅立てるためきっと寂しくならずに済むでしょう。また、個別墓地や納骨堂で供養したい場合は、遺骨が残せる個別火葬を選ぶと良いでしょう。

TOPボタン