複数のペットを飼育している人におすすめしたいペット火葬業者のサービス

複数のペットを同じ場所で供養する方法

近年、複数のペットを飼っているご家庭は多いでしょう。個別でお墓を用意するのは難しいけれど、せめて飼っていたペット同士を同じお墓に入れてあげたい、というときはどうしたら良いのでしょうか?

複数のペットを供養する方法

複数のペットを同じお墓に入れることは可能ですか?
ペット火葬した後に、複数のペットを同じお墓に入れる事は可能です。複数のペットを納骨する方法としては、様々な他のペットと一緒に埋葬出来る合同供養塔や、自分の家族だけで埋葬する個別納骨堂、お墓や霊園での墓地への埋葬、ロッカー式の専用霊座などもあります。一緒に埋葬してあげる事で旅立った後も寂しくないでしょう。
複数のペットを埋葬したい場合、個別墓地と納骨堂で違いはありますか?
納骨堂は、骨壺では3個まで納骨する事が可能です。専用霊座や個別墓地では、大きさなどでも多少の違いはありますが、大体8個~15個まで骨壺を納骨する事が可能です。今まで共に過ごしてきたペットたちの遺骨も一緒に埋葬する事も出来ますので、複数のペットを埋葬したい場合は専用霊座や個別墓地の方が良いと言えるでしょう。
多くのペットを飼っているのでコンパクトにしたいです。いい方法はありますか?
粉骨サービスを行なっているペット火葬業者があります。専用機を使用して遺骨をパウダー状にしてくれるのです。およそ1/3から1/5になるので、保管がしやすくなる利点があります。パウダー状にした後、自宅の庭に散骨する事も可能ですし、埋葬の際も複数のペットを同じお墓に入れる事が出来ます。中には、ペンダントの中に入れて肌身離さず保管している家族もいるでしょう。

複数のペットを納骨する場合には、他に飼っているペットは何匹いるのか、この先さらに増える予定はあるのかなどを考慮したうえで納骨場所を考えることが大切です。どの納骨場所が良いか迷った場合は、ペット火葬業者に相談しましょう。

飼い主も一緒に埋葬してもらう方法

大切なペットと一緒にお墓に入りたいと考える飼い主は、意外と多くいます。そんな方々には、人とペットが一緒に入れる専用霊座もあります。旅立った後も大切なペットたちと一緒にいたいと考えている方におすすめです。

TOPボタン